免許はどこでも取れるの?

実技の免除が受けられるかどうか

自動車の運転をするためには運転免許が必要になります。取得するには、各都道府県の運転免許試験場に行く必要があります。こちらで実技試験と筆記試験を受け、どちらも合格すれば取得ができます。しかし多くの人は試験場で実技試験を受けていません。また、実技試験は非常に合格が難しいとされています。多くの人は、民間の自動車教習所を修了して、実技試験の免除が受けられる状態で筆記試験のみを受験しています。だから試験場では多くの人は筆記試験のみを受けます。民間の自動車学校にはいくつかの種類があり、全国指定自動車教習所とそれ以外の教習所があります。全国指定自動車教習所であれば、修了すれば実技の免除が受けられますが、それ以外だと受けられません。

取得と更新では手続きが異なる

日本人は、個人を特定するためのいくつかの登録をしています。戸籍謄本は本籍地等を登録しています。必ずしも住所地でなくても構いません。一方住んでいるところは住民票の登録をします。基本的には今住んでいるところで登録をしますが、一時的に単身赴任をしたり下宿をしたりするときは変更しないときもあるかもしれません。気になるのはどこでも運転免許の取得ができるかです。取得に関しては、住民票のある住所地での取得が必要になります。単身赴任などで別の都道府県に住んでいるなら、住民票のある住所に戻って取得をするか今住んでいるところで住民票を取ってその地で取得するなどを行います。更新手続きは、変更などが無ければどの都道府県の試験場でも手続きができます。